何のプラグインだったか忘れない為のプラグイン一覧

WordPressの「インストール済みプラグイン」一覧を見ても、どんな機能のプラグインだったかを思い出せないことが多かったので、インストールしたプラグインを把握する為に固定ページにプラグイン一覧を追加した。

今後もプラグインを追加したら、このページにメモをしておくことにする。

このページを追加した現段階(2019年6月27日)でも「これ、なんのプラグインだったけ?」と既に忘れてしまっているので困ったものだ。

 

インストール済みのプラグイン

  •  AddQuicktag(停止中)
    • 非表示ショートコードの「ignore」を簡単に挿入できるためのプラグイン。
    • HAIKの「//」に相当する。しかし、非表示にしても行は残っているので、HAIKの場合とは違う。
      • テーマを「Lightning」にしたら動かなくなったので停止することにした。
        • 停止日:2021年2月26日

 

  • All in One SEO(2021年03月11日に追加 )(停止中)
    • SEO対策用のプラグイン。
      • サイトマップ機能は「Google XML Sitemaps」プラグインと競合するので無効化した。
      • SNS機能は、全てのSNS機能を無効化した。
      • 日本語表記だったのが英語表記になってしまったので停止することにした。
        • 停止日:2022年6月30日

 

  • Bootstrap Shortcodes
    • 段組を作れるプラグイン。
      • HAIKの「cols」に相当する。

 

  • Custom Permalinks(2021年03月06日に追加 )(停止中)
    • パーマリンクの設定を後から変更してもリンク切れしないプラグイン「カスタム パーマリンクス」。

 

  • Classic Editor
    • 何でインストールしたか忘れた。
      • 「いちばん やさしい WordPressの教本」か?それともプリインストールされていたプラグインか?

 

  • Classic Widgets(2021年09月24日に追加 )
    • 「外観」 > 「ウィジェット」とカスタマイザーで表示される旧来のウィジェット設定画面を有効化。ウィジェット管理のブロックエディターを無効化。
      • 新しいブロック型のウィジェットだと上部に赤いブロックで意味不明なエラーが表示され、且つ非常に使いづらい為、旧タイプのウィジットに戻すプラグインを当面の間、使うことにした。

 

  • Contact Form 7
    • 問い合わせフォームを設置できるプラグイン。
      • 「いちばん やさしい WordPressの教本」 P184〜P188

 

  • footnotes(ManFisher)
    • 注釈を挿入できるプラグイン。
      • HAIKの「ダブルかっこで文字を囲む」に相当する。

 

  • Google XML Sitemaps
    • Google Search Consoleでサイトマップを送信する為のプラグイン・・・だったか?
      • 「いちばん やさしい WordPressの教本」か?

 

 

  • SAKURA RS WP SSL
    • さくらのサーバ専用プラグイン。
      • SSL化をした後に301リダイレクトを簡単に設定してくれる。

 

  • Simple Map
    • Googleマップをページ内に挿入できるプラグイン。
      • 「いちばん やさしい WordPressの教本 」P179〜P183

 

  • STINGERタグ管理プラグイン3
    • タグを管理するプラグイン。
      • 「WING_AFFINGER5版」の購入特典。但し、アップデートがあった場合は有料になるかもしれない。

 

  • Table of Contents puls(2021年03月09日に追加 )
    • 目次を自動で生成するプラグイン。 全てのページとカテゴリーリストを表示するサイトマップも出力することができる。
    • 環境設定は「設定」-「TOC+」で変更をする。

 

  • VK All in One Expansion Unit
    • WordPressテーマ「Lightning」の拡張プラグイン。 スクロールアップ(ページトップへ戻るボタン)を設定できる。
      • HAIKの「#scrollup」に相当する。

 

  • VK Blocks(2021年02月15日に追加 )
    • ダッシュボードに「VK Blocks」をインストールするように通知が出たのでインストールをした。

  <VK Blocksについて>

「VK Blocks」は、WordPress5.0から実装されたブロックエディタ「Gutenberg」に対応したプラグイン。これまで、htmlやcssを駆使して表示させていた要素を、クリック一つでコンテンツに表示させることができる、大変便利なプラグイン。

参考サイト:Vektorのサイトページ -「サイトに最高の装飾を。Gutenberg用のブロック追加プラグイン」から抜粋。

 

  • VK Block Patterns(2021年03月03日に追加 )
    • ダッシュボードに「VK Block Patterns(パターン)」をインストールするように通知が出たのでインストールをした。

<VK Block Patternsについて>

このプラグインを有効化すると、カスタムブロックパターン用のカスタム投稿タイプが作成されます。 カスタムパターンを登録すると、作成したブロックパターンを編集画面で選択できるようになります。

 

  • WP Multibyte Patch
    • 文字化けを防止する為のプラグイン。
      • WordPressをインストールした時にプリインストールされていたプラグイン。

 

  • WP-Optimize
    • WordPressデータをクリーンアップ(最適化)する為のプラグイン。
      • 2017年06月29日にコメントスパム対策としてインストールしていた。

 

  • クレジット削除
    • 有料WordPressテーマである「WING_AFFINGER5版」のクレジットを削除するプラグイン。

 

削除したプラグイン一覧

  • Elementor Website Builder(2022年07月05日に追加 )
    • テキストや画像をドラッグ&ドロップして、直感的に記事を編集できるページビルダー用のプラグイン。Gutenbergより使い勝手が良いらしい。
      • HAIK forumで2022年07月05日の投稿者が、オススメしていた。
        • すぐに試したが、変な動きをしたし読み込みまでに時間がかかり「こりゃダメだ」と思いすぐに停止。そして削除した。

 

  • UpdraftPlus – Backup/Restore
    • WordPressデータのBackUpプラグイン。
      • 不要なバックアップデータは削除をしないとサーバー内の使用可能容量を圧迫する。
      • 便利だったが、アクセス速度に著しく影響がでたので削除した。
        • 削除日:2019年6月30日

 

  • BizVektor NEAT
    • BizVektorの拡張スキン。
      • サイトヘルスステータスで削除の提案が通知されたので削除した。
      • 削除日:2021年2月25日

 

 

更新日:2022年07月05日